2016年12月29日木曜日

スウェーデンの老人ホームで働くということ/その2

こんにちは、mayukoです。

去年『スウェーデンの老人ホームで働くということ』という記事を書いて早一年。わたしは相変わらず同じ老人ホームで働いています。

わたしの職場は10名定員のユニットが6つある私立の老人ホーム。わたしはそこの認知症ユニットで働いています。

この一年、施設で亡くなった方もいました。予期せず亡くなる方も、看取りケアの末亡くなる方もいます。『スウェーデンには寝たきり老人がいない』なんていう日本のメディアに書かれた記事も見かけますが、現場の感覚としてはなんか違うなぁ…と。
まず、死生観についての感覚が日本と違う。看取り(スウェーデンではPalliativ vård、緩和ケアと呼ばれます)に移行するまでの判断が早い。看取りケアに入ると食事も勧めはしますが無理には食べさせず、痛みを取り除くため以外の薬も外されます。その結果1〜2週間ほどで自然に亡くなるのです。日本との違いはやはり家族の決断かと思います。日本はいくら高齢でもやはり医療的ケアを尽くし、これ以上何もすることがない、といった時に看取りケアへの移行を受け入れる家族が多いのではないでしょうか。その結果としていわゆる「寝たきり」と呼ばれる期間が長くなるような気がします。
スウェーデンの家族はその点「苦しい期間を長引かせたくない」とわたしから見るとあっさりしていると思えるほど看取りケアへの移行を受け入れます。もちろん、すべての家族がそうではなく、親になるべく長生きして欲しい、と看取りケアへ移行しても高カロリー栄養ドリンクを毎日きちんと飲ませて欲しいとの希望があり半年以上看取りケアが続いたこともあります。
この対応について利用者が無理矢理長生きさせられてかわいそう、という意見もありましたが、わたしには親の死を受け入れられないという気持ちもわかるためこれが悪かったとは一概には言えないと思いました。そして自分たちの価値観だけで決めつけてはいけないと改めて感じさせられました。

第二に医療ケアの不足。スウェーデンの医療ケアのひどさは日本のメディアでどこまで紹介されているかはわかりませんが…。理由の一つは病院の人手不足、キャパ不足。ストックホルムでは救急外来に行って5時間待ち、8時間待ちなんてこともよく聞きます。わたしも一度夜勤をしていて、17時頃に転倒して救急車で近くの病院に運ばれた利用者がその日の夜中の2時くらいに戻ってきたことがあります。病院でやったことはレントゲンを撮って骨折してないとわかっただけ。それだけで9時間です。そして2時に送り返すくらいなら朝までそっちで寝かせてあげてよ!と思うところですが、その場所も人手もないようなのです。そして特に認知症がある高齢者は手がかかるためか必要な治療もされずにすぐに送り返されることも。正直、口は悪いですが「そりゃ寝たきりにもならずにコロッと亡くなるよなー。」と思ってしまいます。以前テレビで看護師の労働環境、労働条件の改善を求めてのデモを見ましたが病院勤務の看護師の仕事もかなりタフなようです。

労働環境、労働条件の悪さで言えば介護に携わるアンダーナース(Undersköterska)も負けていません。
わたしの職場では日勤と夜勤があり日勤は基本的に7時〜15時/8時〜16時(休憩30分)、15時〜20時/16時〜21時(休憩なし)、それに7時〜20時/8時〜21時という鬼のようなシフトもあります。しかも13時間のうち休憩時間はたったの1時間。スウェーデンの職場ではランチ休憩以外に午前と午後にフィーカタイムがあるなんて介護の世界では都市伝説です。同僚の以前の職場や実習先の施設でもこのような長時間勤務があるので、これはわたしの職場だけということでもないようです。それにしても12時間も働いて体力的にも精神的にも疲れ果てて良い介護ができると思っているのでしょうか?これだけ多くの施設がこの長時間勤務を実施しているということは合法なのでしょうが、国がこれを良しとしていることに腹が立ちます。

施設ではイースター、夏至祭、クリスマスなどのお祝いもします。ただでさえわたしを含め移民のスタッフが多い中スウェーデン人スタッフはやはり家族でお祝いするため休みをとる人も。ということで利用者の行事当日のお祝いはほぼ移民スタッフが担当することに。
夏至祭

もちろん事前にメニューなどは決めているのですが、それでもスウェーデンの行事食について詳しくないスタッフも多いです。それは普段の食事でもそう。移民はその国の人同士で結婚することも多くスウェーデンの食事、行事に詳しくない人もいます。詳しくないだけならまだしもそこを学ぼうとしない人にはイラッとさせられます。

例えば、スウェーデンではミートボールをはじめとする肉料理にリンゴンベリージャムを添えることがあるのですが、以前あるスタッフが食事介助の際、ジャムをつけずに食べさせていたため「このジャムはお肉につけて食べるんだよ」と教えると「Neeej!(Nooo!)」と言われ、思わず「Nejってなんだよ!?スウェーデンではそうするの!」と強めに答えてしまったことも(このスタッフに関しては他にも色々と目に余る言動があったため)。他にもミートボールの時にリンゴンベリージャムがなく、それをイチゴジャムで代用しようとしたスタッフも。ジャムだったらなんでもいいわけではありません。醤油がないから似たような色のソースで刺身を食べるくらい合わない気がします。
わたしが食べる事が好きだからなのか、スウェーデンの食文化を知ろうとしない、尊重しないスタッフにはがっかりします。そういう人は他のスウェーデン文化についても尊重しません。スウェーデン人、特に高齢者を相手にする時にはスウェーデンの文化、歴史などについても知る必要があると思うのです。
日本でも移民による介護が進むかもしれませんが、自分や家族が年をとって介護サービスを受けるようになった時、ありえない組み合わせの食事を出されたり、日本人がおいしいと思うのではなく、外国人スタッフがおいしいと思うようなスパイスたっぷりの味付けをされた食事が出たりしたらどう感じるでしょうか?
食事に関してはスウェーデン人も若いスタッフなどは適当だったりして、わたしは意地悪な姑並みにうるさい存在だと思います。でも食事はおろそかにしたくないのです。
ザリガニパーティー

去年に引き続き愚痴っぽい内容になりましたが、やはりこれが現実なのです。
最近、感じるスウェーデンの介護(に限らずですが)の良いところは、とにかく褒める!
利用者が素敵な服を着てたら褒める、普通の服でも褒める、髪を切ったら褒める、歌ったら褒める、歩いたら褒める、部屋を褒める、家族を褒める、とにかく褒める、スタッフ同士も褒め合う!
褒めるための言葉もたくさんあるように感じます、fin(fine、nice、good)、bra(good、fine)、härlig(great、lovely、delightful)、fantastisk(fantastic)、underbar(wonderful)、snygg(handsame)、vacker(beautiful)、snäll(kind)....誰でも褒められれば嬉しいし、周りの雰囲気も良くなります。最初はちょっと大げさすぎるくらい褒めるのに照れがありましたが、今ではもう褒めまくります。

ホームの庭になるラズベリー

去年の抱負「目指せお局!」は激しいスタッフの入れ替わりにより在籍期間の長さでは立派にお局の域に達したのにいまいちというか全く恐れられていないのが残念なところです。来年も真のお局様を目指し精進します。


関連記事
スウェーデンの老人ホームで働くということ(2015.12.29)
KOMVUX-スウェーデンの学校(2014.12.30)







にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村

2016年12月20日火曜日

エストニア、タリンへの船の旅

こんにちは、mayukoです。

先週、エストニアのタリンに行ってきました。
理由は特になく、なんとなく「そうだ、タリン行こう。」みたいな。
ストックホルムからタリンまで船が出てるタリンクシリヤラインのHPをチェックすると木曜に出て土曜に帰って来る便が安い。
タリンクシリヤラインのクルージングは基本、夕方にストックホルムを出て、ヘルシンキやタリンなどに翌朝到着、同じ日の夕方にまた同じ船に乗って次の日の朝にストックホルムに戻ります。もちろん、ヘルシンキやタリンでホテル泊のプランも。

タリンに関する予備知識はこんなこともあろうかと数年前に買ったフィガロのバルト三国特集。いや〜、日本の雑誌すごい!情報満載。そりゃ、北欧特集担当したみきちゃんがフィガロはすごくちゃんとしてて大変って言ってただけある。

ということで、当日は仕事終わってダッシュで港まで。チェックインは機械で。
わたしは永住権は持っていてもEU市民ではないので一応パスポートも持って行きますが見せるところなんてありません。

ターミナルでやることなんてないので早速船へ…。
あれ?なにこれ?

なんか想像してたのと違う。前にヘルシンキ行った時の船はこんな感じ。

ドーンと吹き抜けでお店がいっぱい並んでたのに…。
こんなはずはない、と船内を進んで出てきた免税店がこれ。昭和のデパート?

はっきり言ってヘルシンキ行きの船に比べて何もかもがしょぼい!こんな船で十数時間もひとりで過ごせない!もうすでに下船したくなったけど、そういうわけにもいかず。出港前にもう店全部見尽くした…。

夕食はレストランかピザ屋かビュッフェが選べ、わたしはとりあえずビュッフェを予約。この時期のビュッフェ、やっぱりクリスマスのユールボード。エストニアの料理もあったのでしょうか?よくわかりません。でもデザートの謎のケーキとやっつけ仕事感溢れるジンジャークッキーを見ていただけたら、なんとなくビュッフェの雰囲気が伝わるかと思います。「明日の晩ごはんもこれか…」と2日目の晩ごはんも予約したことを後悔。このビュッフェで300kr以上します。乗船券自体は安いんだけど、きっとこういう所で利益出してるんでしょうね。そういうもんだとわかってるけどさ…でも、ヘルシンキ行った時はもっと良かったよね。


食事の後はやることもなく船内をぶらぶら。船内にはバーやステージも。

夜にはステージ上でライブ演奏が。お客さんも一緒にダンス!わー、こんなのテレビで見たわ〜。

そしてディスコもあります。クラブとかじゃなくて100%ディスコです。スウェーデン語でいうとこのディスコテークです。ディスコのオープンは22時くらいから。男女の出会いの場でもあります♡

とりあえず見学終了、やることないので船内のサウナへ。ラッキーなことに女性サウナはわたしのみ、貸切状態。しっかり汗かいてなんだかお肌もツルツル。これを披露できる相手がいないことが残念。サウナで疲れ果ててディスコテークに行く体力なんてありません。翌日に備えてさっさと就寝。

翌朝の朝ごはんもビュッフェ。これまたちょっとがっかりな内容で最終日の朝ごはんを予約してなくて良かった〜、と思ったり。
冬の船旅はほとんど真っ暗な中を進むのみですが天気がいいと朝はきれい。とても寒かったけどデッキで日の出を拝みます。

タリンには10:45着で同じ日の18:00出港ということで7時間くらい(乗船の時間を考えると実質6時間くらい?)あります。6時間って長そうに思えるけどあっという間。わたしは2時間のタリン観光オプショナルツアーに申し込んでいました。10人くらいでバスに乗ってタリン市内を回ります。
こちらは中心部からちょっと離れた『歌の原』と呼ばれる音楽堂へ。ここではソ連からの独立運動の中で起こった『歌う革命』の重要な場所。バルト三国のソ連からの独立は当時テレビや新聞で見ていたけど、いつも「バルト三国」と一括りでそれぞれの国名も知らなかったし、どこか遠い国の話と思っていたけど、そこに自分が行く日が来るなんて。もっとちゃんと新聞読めば良かった。

こういうちょっと離れたところは自分では行けないので観光ツアーに参加して良かった。
そして旧市街へ。ストックホルムの旧市街ガムラスタンより古い雰囲気がある気がします。



最後は旧市街の中心部ラエコヤ広場(Raekoja Plats)にあるレストランでホットワインとジンジャークッキーをいただきます。

このツアーに参加してるのはスウェーデン人ばかり、カップルやお友達同士といった感じ。一人で参加してるのはわたしだけ…ショボーン。しかもツアー中も最後のフィーカでも参加者同士の会話は全くなし、ということでそそくさと退散。

ラエコヤ広場ではクリスマスマーケットが開催されていました。

クリスマスマーケットはスウェーデンのとそんなに変わらない感じ。エストニアのチーズを買ってその後に船で帰ることに気づく…。

改めて一人になってフィガロと船の中で見つけたガイド冊子をもとに旧市街散策。この時点で14:00近かったのでまずはランチの為に老舗カフェへ。

思ったよりお腹は空いていないので、軽く食べることに。ショーケースの中の物にはちゃんと英語でも説明が、ありがたい。そこでデニッシュ系のパイを。egg & sprat。玉子だし惣菜パンっぽい。でもspratって分かんないけど大丈夫だろう、と思って頼んだら魚でした。おいしかったので結果オーライ。

旧市街はお土産物屋さんはもちろん、小さな雑貨屋さんや一瞬ソ連に来たかと思うような(主に店主が)アンティークショップ、城壁沿いに並ぶおばあちゃんたちのセーター屋さんなども。


カフェの近くにスウェーデン大使館を見つけなんか懐かしくなったり。

そんなこんなしてたらたいして見てないのに16:00近くに。ストックホルムに来る旅行者が1日をほぼガムラスタンで潰してしまうのが分かった…。たまにガイドなどをやる自分が言うのもなんですが、やっぱり現地を知ってる人と一緒に回った方が絶対に効率よく色々見れます。

港に帰る前にスーパーへ。ここではちょっとしたお土産と次の日の朝ごはんを。カフェでも思ったけどエストニアは惣菜パンっぽいのがたくさんあって羨ましい。
そして海外のスーパーはやっぱり可愛い。エストニア、東欧っぽいっていうか、ロシアぽいっていうか(どっちも行ったことないけど)、レトロな感じが可愛い。


そして植物を使ったスキンケア商品が充実してる印象。これも可愛い。

スーパーでのお買い物も済ませて港へ。旧市街から港まで歩いて20分ちょっと。バスの乗り方もわからないので歩いていきます。港の近くにはちょっとしたショッピングセンターも、そこには大きなお酒売り場が。
そう、スウェーデン人の船旅の大きな理由の一つがお酒を買う。タリンではもちろん、船の免税店でお酒を箱買い。
わたしはそんなにお酒買いたいわけでもなかったけど免税店でデンマークの可愛いクリスマスビールを見つけたので、買おうかと。
こちら6本パックで4.9ユーロ。1本あたりの値段は書いてないけどまあ1ユーロくらいだろ、と2本持ってレジに行ってびっくり。バラ売りだと1本3ユーロ、2本で6ユーロ。そりゃないわ。6本買って帰るもの重いので返品。

帰りの船では周りの客室がエストニアの若者たちでドアを開けたままおしゃべり、夜中の3時過ぎに通路で痴話喧嘩、と散々な夜でした。船の旅、特に安い客室はあまり客層が良くないというのも覚悟しておかなくはいけません。

そんなこんなで土曜の朝にストックホルムに到着!タリンに着いた時には到着少し前から教会の塔などが見えて素敵なのですが、ストックホルムの港があるのは工業地帯&会社のビルなどばかり、全く素敵ではありません。最寄りの地下鉄駅の入り口もさびれた感じ。タリンクシリヤラインでストックホルムに初めて来る人はがっかりするんじゃないか心配するレベル。

今回の旅で懲りたかというと、そうでもなく次はラトビアのリガに行こうかと考え中。







にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村

2016年12月8日木曜日

「北欧、暮らしの道具店」インタビュー記事掲載のお知らせ

こんにちは、mikiです。

お知らせになるのですが、オンラインショップとして、また1つのメディアとして多くのファンをもつ「北欧、暮らしの道具店」さんに、「朝の過ごしかた」についてインタビューをしていただきました。

冬の陽が昇らないスウェーデンで、普段どのような朝を過ごしているのかをお話させていただいております。
ぜひ、ご覧になっていただけると嬉しいです。

掲載記事はこちらから→ 北欧、暮らしの道具店 特集「朝の過ごしかた」大迫美樹 








にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村

2016年12月4日日曜日

ストックホルムのファーマーズ&デザイン・クリスマスマーケット

こんにちはmayukoです。

クリスマスまであと少し、11月にどっさり降った雪はもうとけてしまいましたがクリスマスムード一色のストックホルムです。

ストックホルムのクリスマスマーケット(Julmarknad/ユールマルクナド)といえばガムラスタン(Gamla Stan)のクリスマスマーケットが有名ですが、これは以前にも紹介しており毎年あまり変わりはないので今回は紹介したことのないクリスマスマーケットを。

まずはセーデルマルムで開催されるファーマーズ・クリスマスマーケット。毎年春と秋の土曜日に開催されるファーマーズ・マーケットのクリスマスバージョン。
Katarina Bangatan

いつもよりちょっぴりクリスマスな品揃え。野菜もクリスマスの食卓に並ぶケールや芽キャベツなどが中心。
ケール(Grönkål)

芽キャベツ(Brysselkål)

普段も売っているけど、クリスマスになるともっと出て来るソーセージ類。
イノシシやトナカイなどのソーセージ

クリスマスらしい蜜蠟のキャンドル。

ファーマーズマーケットの敷地からちょっと離れたところではクリスマスグッズを売る人たちもちらほら。

わたしは温かいアップルグルッグを飲みながらぶらぶら…するつもりがあまりの寒さ(-2度)にグルッグも勝てずすぐにギブアップ。パースニップ1本だけ買いました。
スパイスは控え目、ノンアルコール

この後、街を歩いていてたまたま見かけたクリスマスマーケットへ、クリスマスマーケットのはしご。

こちらは屋内で寒さの心配もありません。場所はエステルマルム(Östermalm)地区のGarnisonen。


若手を中心としたたくさんのデザイナーたちの作品が並びます。
スキンケアグッズ

ポスターや葉書などを売っている人が多い

アンティーク食器のアクセサリー

ブランケット、欲しい

どんなマーケットでもフィーカコーナーがあるのがスウェーデン。


こちらのマーケットでは気になるものはあったけど購入はせず。

どちらのクリスマスマーケットもクリスマスマーケット前まで週末に開催されているので、足を運んでみて下さい。

12/3以降の開催情報
○ファーマーズ・クリスマスマーケット
Bondens egen marknad
場所 Katarina Bangatan
最寄駅 地下鉄 Medborgalplatsen
開催日 12/10、12/17
時間 10:00〜15:00
web Bondens egen marknad(Katarina Bangatan)

○デザイン・クリスマスマーケット
Design Julmarknad
場所 Karlavägen 100
最寄駅 バス停 Garnisonen
開催日 12/4、12/10、12/11、12/17、12/18
時間 11:00〜17:00


関連記事
ガムラスタンのクリスマスマーケット2012(2012.12.01)
ストックホルム、クリスマスの風景(2013.12.22)
ストックホルム、クリスマスの風景2014(2014.12.21)
ストックホルム、クリスマスの風景2015(2015.12.22)






にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村